メニュー 閉じる

NMNが若返りに効果があるとされる根拠

NMNによって若返りが実現できる根拠

現在、NMNは次世代のアンチエイジング成分として高い注目を集めていますが、NMNで若返りが実現できる根拠はサーチュイン遺伝子を活性化できるためです。
サーチュイン遺伝子とは、長寿遺伝子とも呼ばれる遺伝子で、老化や寿命に大きく関与しています。
この遺伝子が活性化すると、細胞内でエネルギーを生み出すミトコンドリアが増加するとともに、細胞が新しく生まれ変わります。
これにより、若返りを図ることが可能となりますが、このサーチュイン遺伝子はNAD+という物質によって活性化されることが分かっています。
NMNは体内でNAD+へと変換される成分なので、NMNを摂取することで体内のNAD+量が増加してサーチュイン遺伝子の活性化が促進されるという仕組みです。

以上がNMNによって若返りが図れる根拠となりますが、NAD+は加齢とともに減少していくので、いつまでも若々しい身体を維持するためにはサプリメントや点滴・注射などでNMNを効率的に摂取していくことが大切です。

NMNを摂取する際の注意点

NMNは、ブロッコリーや枝豆などの食品から摂取することも可能です。
しかし、食品から摂取できる量には限りがあるため、効率的にNMNを摂取するにはサプリメントを利用したり、クリニックを受診して点滴や注射で補給したりする必要があります。
現在では、数多くのNMNサプリが登場していますが、高品質なNMNを製造するのには高い技術が必要で、大量生産も難しいことから品質が良いサプリは価格が高いという問題があります。
中には低価格で販売されている商品もありますが、あまりにも価格が安いサプリは品質に問題がある可能性もあるので注意が必要です。

また、点滴や注射はサプリメントよりも多くのNMNを摂取できますが、場合によっては針を刺した部分に血管痛や熱感、発疹、かゆみといった症状が現れる場合があります。
これらの症状はNMNによるものではなく、点滴や注射による治療全般で起こる可能性があるものなので過度な心配は不要ですが、血管痛などの症状が現れる可能性があることは覚えておきましょう。

まとめ

NMNは、若返りに効果的であることから世界中で注目されていますが、NMNによって若返りが図れるのは長寿遺伝子とも呼ばれるサーチュイン遺伝子を活性化できるためです。
また、NMNはサプリメントや点滴・注射によって効率的に摂取することが可能ですが、サプリメントの中には低質な商品もあるので注意が必要です。
点滴や注射については血管痛などの症状が起こる可能性があるので、この点について十分に理解した上で点滴や注射を受けるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。