メニュー 閉じる

若返り効果を期待できるNMNの摂取方法

NMNが含まれる主な食品とは?

NMN(ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチド)は、ビタミンに似た性質を持つ物質で、体内で臓器や組織の修復して機能を維持させる役割を担うNADという物質に変換されます。
NMNは体内で自然に生成される物質ですが、その生産量は加齢とともに徐々に減少していきます。
生産量のピークは10代後半頃とされていますが、40~50代ごろになるとピーク時の半分ほどのNMNしか生産されません。

NMNの生産量が減少すると、老化が進行するとともに様々な病気のリスクが高まると考えられていますが、NMNを効率的に摂取すれば若返りや病気の予防などを図れることが様々な研究によって判明しています。
そのため、若返りを図りたいのであれば、意識的にNMNを摂取することが重要となりますが、この物質は枝豆・ブロッコリー・アボカド・トマトといった食品に比較的多く含まれているので、これらの食べ物を積極的に摂取することで若返りにつなげることが可能です。

NMNを効率的に摂取したいなら点滴や注射がおすすめ

上記の通り、若返り効果が期待できるNMNは、枝豆・ブロッコリー・アボカド・トマトなどの食品に比較的多く含まれていますが、効果的に若返りが図れるほどの量は含まれていません。
例えば、ブロッコリーのみで100mgのNMNを補給しようとすると、およそ2,000房も食べなければなりません。

そのため、NMNを効率的に摂取したいのであれば、点滴や注射がおすすめです。
NMNを手軽かつ効率的に摂取する方法としてはサプリメントもありますが、サプリメントに含まれるNMNは多くても1粒あたり50mg程度です。
一方で、点滴や注射であれば、一度に100~200mgほどのNMNを摂取することができます。
現在のところ最も効率的にNMNを摂取する方法となっているので、効果的に若返りを図りたいのであれば点滴や注射を受けることをおすすめします。

ただし、NMNの点滴や注射は医療行為に該当するため受けられるクリニックは限られます。
また、定期的にクリニックを受診しなければならないので、クリニックを受診するのが難しい場合はサプリメントを服用するのも良いでしょう。

まとめ

NMNは、若返りが期待できる物質として注目を集めていますが、この物質は枝豆・ブロッコリー・アボカド・トマトなどの食品に比較的多く含まれています。
しかし、その含有量は決して多くはないので、効率的にNMNを摂取したいなら点滴や注射がおすすめです。
点滴や注射であれば1度に数百mgものNMNを摂取できるので、効果的に若返りを図ることができます。
一方で、NMNの点滴や注射が受けられるクリニックは限られるので、手軽にNMNを摂取したい方はサプリメントを活用すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。